×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医学英語入門2 脳関連 Medical English for USMLE

医学英語入門講座 Medical English for USMLE

USMLEやNCLEXに!医学英語を覚えたいという全ての人に!.

| HOME | 医学英語入門編 | 医学英語入門2 脳関連 |

更新日 2011-01-30 | 作成日 2008-03-17

USMLEにも役立つ医学英語入門2

脳関連の医学英語

脳関連の医学英語の出題です。

問題

脳関連の英語


  1. 大脳


  2. 小脳


  3. 脊髄


  4. 前頭葉


  5. 下垂体

解答


  1. cerebrum (セ「リー」ブラム、「セ」リブラム)


  2. cerebellum(セレ「ベ」ラム)
  

  3. spinal cord (ス「パイ」ナル)


  4. frontal lobe (フ「ラ」ンタル ロゥブ)
 フロン「ター」ルではない

  5. pituitary gland (ピ「チュー」イタリー)


解説

さて、復習です。
大腸内視鏡検査はcolonoscopy(コロ「ノ」スコピー)ですが、
大腸内視鏡のスコープ自体ははcolonoscope(コ「ロ」ノスコープ)
となります。
 気管支鏡検査はbronchoscopy(ブロン「コ」スコピー)
 腹腔鏡検査であればlaparoscopy(ラパ「ロ」スコピー)
 胸腔鏡検査であればthoracoscopy(ソラ「コ」スコピー)
となり、アクセントの位置は共通です。

形容詞形は
 colonoscopic(コロノス「コゥ」ピック)
 laparoscopic(ラパロス「コゥ」ピック)
となります。
いずれの場合も、この変化の仕方は一緒ですので覚えておきましょう。

ただし、スコープ自体laparoscope(「ラ」パロスコゥプ)と
thoracoscopy(ソ「ラ」コスコゥプ)はアクセントの位置が違います。

ABOUT THIS SITE

USMLEにも役立つ医学英語入門

USMLEや留学を考えている方にとって英語のみならず医学英語は必須ですが、なかなか覚えるのは大変です。そんな方々の少しでもお役に立てればと、このサイトを立ち上げました。このサイトはもともと、「USMLEや国際学会に役立つ医学英語」という二つのメルマガで掲載していた内容をバックナンバーにしたものです。
以下のフォームから登録できますので是非登録してください。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
『USMLEや国際学会に使える医学英語・看護英語入門』

登録フォーム
『USMLEや国際学会に使える医学英語・看護英語疾病編』
登録フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

ABOUT THIS SITE

ライフサイエンス英語表現使い分け辞典 ライフサイエンス論文作成のための英文法